ボックスがクーポン知らずの格安価格!サテライト

音は少し気になるかも。水の汚れを嫌って、エサは10日に一回、ごく少量しか与えませんがモスに付いている何かを食べながら生きています。あまりにも水の出が悪く感じたのですがボックス内を見ると細かい気泡があり、水流も発生しない穏やかな感じなので、まぁこんなものかなと言った感じです。

下記の商品です!

2018年01月12日 ランキング上位商品↑

ボックス サテライトスドー 外掛式産卵飼育ボックス サテライト 関東当日便

詳しくはこちら b y 楽 天

すごいですコレ。バルブが−★一つです。。極端にPHが違うなどの場合は多少!影響が有るかもしれませんが!水量が1L程度では!水槽の水質を変えるほどの影響は!かなり小さい水槽でも無い限り!心配は無いでしょう。商品レビューですが、外掛けなのでレイアウトの見た目を損ないません。そして薄く砂利をひき、水草を入れてます。説明書きにもありましたが!注意したいのは水温と部屋の温度差があまりにも大きい時!水の循環スピードがかなり遅いため水温差が出やすいと思われます。)ベタ君をサテライトに戻して、蓋の上へ、重しがわりに物をのせてみたんですが、やはりダメでした。心臓に悪いです。用途を色々と楽しめていいですね。また!エアーリフト式なので!音が気になります。あった方が断然いいです。水槽内を広く使えます。newマークがついていたので興味あり購入してみました。中の仕切りを取って使用しています。2つめの購入ですが!またしても? そのままの機能で使っておりません。●水換えでも使える他の使い方として、水換えに。いろいろ改良(改造?)されてる方もおられるようです。ただの産卵箱として売るのはもったいない商品ですね。だから!どっちがメイン?なんだろうって。(本水槽にいたチビコリは慌てふためいていましたが・・・。ジャンプする魚で!スリムな子は!サテライトから脱走する危険がありますので!要注意です。エア・ポンプはシータ6000を使用していますが、強力に水が循環し過ぎるので、付属のエア・バルブが非常に嬉しかったですね(^^)ただ、二酸化炭素を添加している水槽の場合は添加量をいつもより増やすなどの注意が必要ですね。1年間は!水槽を仕切って!海水の中で買っていましたが!水槽の生体を増やすことになり!カニの飼育場所に悩みました。※産卵ボックスとしての使用を終え!タンスのこやしにするのは勿体ないので小型メダカ水槽にしてみました。見た目も透明感があり美しいだけでなく、よく似たコケ(ウイロー・モスとバブル・モスとか)を分けてキープする、などなど使い道はいくつかあると思います。これの便利なところは!水の循環によって水を混ぜるところです。邪魔にならない面へ設置を行えば普段と変わらない見栄えが維持できて◎です。このサテライトを作った人、ほんと天才ですね。二酸化炭素を添加していない水槽ならいけるかもしれませんが、このやり方はお薦めできませんね(笑)。同じ水槽の水を使えるし、水量が増えるので良い感じです。。SSPP3Sを最弱にして使用すると!吐き出し口から落ちる水が秒間数的程度になり!水併せに最適です。バルブが付属していることは大変良いですが!同じつけtるのであれば良いものを付属して下さい。水量が弱いのとコポコポと音が気になるので、外部フィルターの排水側から分岐して、といっても穴を少し大きくして、エアチューブを突っ込んだだけですけど・・・直接、サテライトの底の方から水流が出るように入れました。水が滝のような感じで出てくるのをイメージしていたのですが!実際はパイプ出口から水とエアーが同時に「ボチャッ。。。サブ水槽の方でゴマみたいな虫(たぶんゲンゴロウの幼生)が沸いたのでこれはいかん!と貝を食べるトーマシーを入れたら虫も食べるかも?と入れたら見事に3日で虫の姿が消えたものの、今度はブラック・ベリー・シュリンプなどが食べられるようになりトーマシーの隔離用として購入しました。[2011/1/11追記]温度を考慮して内側設置で水あわせをしてみました。(玄関においてあるからかもしれないですが)イワガニを1年飼育しました。エーハイム2213から分水しようかと思います。。エーハイムからの分水をやめて、普通にエアーリフトしても★になりました。シュリンプの選別と水槽水の増量を目的に使用しています。(エアから取り込む下にチューブとエアストーンを足すと音が静かになるようです、ろ材を詰めたり+2つめはこの使い方をしています。ちなみに水心SSPP3Sに取り換えて強めにしてみましたがあまり水の出は変わらなかったです。水槽を玄関に置いているのでこれからの時期温度管理に注意しなければなりませんが!今のところ水槽本体との温度差は1℃低いくらいでした。これは使えます!詳しくはブログを参照してください。これは応用すれば壁掛け式ろ過やブラインの発生用などいろいろと使えそうです。バケツなどに入れて!点滴する方法が一般的だと思いますが!その場合は!水槽の水が減少してしまい水位が下がる!バケツの水が場合によってはあふれるといったことがあるので!見張っている必要がありますが!これを用いた場合はそれがありません。新しい水をこれに入れて、セットするだけです。エアーポンプを一つ増やしただけで、カニの別荘ができて大満足です。もともと、他の産卵BOXを水草の避難用に使ってましたが、水槽内が狭くなるので、外掛け式は水量もアップしてGOODです。●水あわせとして新たに導入したランプアイを水あわせするときに使いました。少ないと、水が上がってきません…静かな環境を求める人にも向いていないと思います。たまたま見つけたこの別荘!とってもキレイで気に入りました。2回も同じ箇所から脱走されてしまったので!これは確信犯かと。外掛けフィルタである程度の水位を保つ必要がある場合、重宝します。もちろん、水槽を置いている環境で違いは出ると思います。ありがとうございました。」と少量だけ飛び出す感じです。暫くしたら!容器内の水を捨てます。購入した生体の入っていた水を水槽内に入れることに抵抗がある人も居ると思いますが、病原体などが生体に付着していた場合は水も同様の状況で、水だけ捨てても大して変わりません。60cm水槽裏に3つ設置できました。さすがに痩せましたが(^^;)このやりかたでメイン水槽にも取り付けてスラウェシ産の赤いエビを11匹投入しましたが、さすがに翌朝★になる確立は高いですね・・・。ただ!見かけだけが、、、気になるとえば気になるんですが。高性能ですが作りはとてもシンプルなので水槽の外観を損なうこともありません。だから!付属のパイプ類は使ってません。市販のバルブに交換して空気量を調整したところブクブク音も小さくなり使いやすくなりました。水量も適度にあり!30cmキューブにつけて見るとちょっと附属物としては大きいですがその分安心感があります。とても画期的なアイデアの商品だと思います。。エアーリフトによるボックス内の水替えに関しては!説明書きにあるエアーの吐出毎分1L以下推奨と言う事で使っていなかったテトラのOX-30を利用してみました。この容器に入った分だけ少しずつ新しい水が水槽へ行くので、水槽の水位は変化しません。付属しているバルブの出来が悪く空気量の調整ができにくく水槽内の水をかなりの量で送り込んでいましたら!水槽への戻り口から一晩で隔離したメダカが戻っていました。ボチャッ。エアーの量が多いと音がうるさくなります。●ポンプはエアポンプはノンノイズの小型のものを用いましたが!問題は有りませんでした。うちの水槽の中のお魚の赤ちゃんはみんなここで育ってます。ふつふつと、ヤバイです。水槽水が足されて!足された分だけまた水槽に戻ります。今までの産卵ボックスとの大きな違いはやはり外掛けと言うこと。しかし!今までありそうで無かった製品なので!普通に使う分にはとてもいいので製品としてはお薦めです^^産卵用にと購入したのですが!今回は購入したばかりの小さいレッドビーシュリンプとイエローチェリーシュリンプが2センチくらいになるまでの飼育用に使うことにしました。新たに水槽を増やすと!コンセント1つじゃ無理ですもんね!エアーポンプとエアーチューブは別売です。ただ!排出口がややでかい為!網やストッキング等で加工しないと!稚エビ・稚魚が流されてしまい!親魚のえさになってしまいます。どうやら繊細なエビには無理があったみたいです。現在そのベタ君は別水槽に引越し済みです。観察もしやすいし色々便利です!もう何個もかいました!水併せに使用してみました。)私の場合は!メダカでも飼おうかなぁとの思いも・・・。うちでは!稚エビ・稚魚用に使用しています。写真の赤で囲った部分から飛び出して!本水槽に着水したようで!広々とした本水槽で気持ち良さそうに泳いでいました。前回のレヴューの続きになりますが!サブ水槽に取り付けてトーマシーを隔離したのが3週間ほど前になりますが!あれからエアー用ストレーナーを外してエーハイム2213の排水口にエアー用チューブを突っ込んで分水していますが!2匹のトーマシーは問題なく生きています。文句なしのおすすめです!濾過用と産卵用に購入しました。ふと見ると、我が家のベタ君がサテライトから脱走してました。構造上!吐出量が小さなポンプでも問題ないと思います。丸見えでカニが恥ずかしそうなので!薄いライブロックを一緒に入れてあげました。あと!水位がBOXぎりぎりなんで!小さい水槽でちょっと動かそうとすると!チャポンて波打って水がこぼれてしまいます。長々とスミマセンでした。レビューが良かったので購入しました又機会があれば買いたいです。あと!音が大きいと書かれてる方がいましたが!僕はそんなに気になりませんでした。